• HOME
  • 検証!他社と当センターの比較

検証!他社と当センターの比較

広大地評価を相談する時に大切なポイントは、

「広大地に関する知識」と「税務署に対する説得力」があるかどうかです。


広大地に関する知識

 

総合評価

評価単位
1

財産評価・「情報」

2

標準的画地
3

戸建分譲
マンション
4

潰れ地
発生
開発計画
5

一般的な
不動産鑑定事務所

×

×

一般的な
税理士・会計事務所

×

×

×

相続の扱える
不動産会社

×

一般的な
測量、建築事務所

×

×

×

×

×

 広大地評価サポートセンター

 ○

 ○

※1
税務上の土地評価の評価単位の理解度のこと。
土地評価は、原則として、宅地、田、畑、山林、原野、牧場、池沼、鉱泉地、雑種地の地目別に評価します。利用状況によっては、2以上の地目からなる土地を一団の土地として一体で評価する場合もあります。
※2
国税庁が通知する財産評価基準や『情報』(資産評価企画官情報)の理解度のこと。
※3
対象物件のエリア内にて、戸建分譲会社が購入する標準的な土地面積の理解度のこと。
※4
エリア内にて、対象物件を売りに出した際、戸建分譲会社かマンション業者が買いに入るかの判断力のこと。
※5
開発道路を必要とするか、また経済的合理的価値を考えて、土地を分割する力があるか。

 

税務署に対する説得力

「広大地判定」が税務署に否認されると・・・
依頼者に、過少申告加算税や延滞税などが発生してしまいます。


総合評価

代理権
説明責任
1

図面の
信頼性
2

資格者の
信頼性
3

広大地依頼のある
不動産鑑定事務所

×

相続依頼のある
税理士・会計事務所

相続の扱える
不動産会社

×

×

一般的な
測量、建築事務所

×

 広大地評価サポートセンター


※1
税務署に対して説明をする権限を持っているか、またその責任を果たしているか
※2
添付書類として作成する図面に説得力があり、税務署側の納得いくレベルの資料を作成できるか
※3
資格者が作成する、または同等の説得力をもつ資料を作成できるか

 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.