• HOME
  • 沖田オフィスレポート

最新!沖田オフィスレポート

このニュースレターは無料で月1回発行しています。
 

実践に役立つ相続税土地評価・裁決事例や、現場の解決事例などをお届けします。
最新情報の入手にぜひお役立てください。

 

これからも価値ある情報提供を行うためにも精一杯努力いたします。


◆お届けする内容◆
・広大地事例の紹介
・判例解説
・判定に対する考え方
・税務署によって異なる土地評価の見解
・相続税対策に役立つノウハウ など

 

 

オフィスレポートのお申込みフォームはこちら>>>

 

 

バックナンバーのご案内

過去のオフィスレポートを一部分のみご紹介しております。

下記の見出しをクリックいただくとPDFにてダウンロードが可能です。

 

相続財産である土地等を譲渡した場合の特例における改正事項 (VOL.70 2014年1月30日発行)

第 70 回は、平成 26 年度税制改正の大綱に記載された「相続財産である土地等を譲渡した場合の特例」における改正事項をご紹介したいと思います。

 

不動産の鑑定評価を活用した固定資産税の交換特例の適用(VOL.69 2013年12月26日発行)

一見すると固定資産税の交換の特例(所得税法第 58 条関係)の適用要件を満たさないような土地であっても、不動産の鑑定評価を活用することにより、要件を満たすことを証明できる場合があります。

今回のオフィスレポートでは、その一例をご紹介致します。

 

土地区画整理事業施行中の土地の登記について(VOL.68 2013年11月29日発行)

第 68 回は、土地区画整理事業施行中の土地の登記に関するお話をしたいと思います。

 

平成25年の都道府県地価調査について(VOL.66 2013年9月27日発行)

第 66 回は、9 月 20 日に発表になりました平成 25 年の「都道府県地価調査」についてご紹介したいと思います。

 

平成25年の地価公示についての変更点のご紹介(VOL.65 2013年8月29日発行)

第 65 回は、第 60 回のレポートにてご紹介した平成 25 年の「地価公示」についての変更点についてご紹介したいと思います。

 

今後の路線価の動向 (VOL.64 2013年7月31日発行)

去る7月1日、平成 25 年分の相続税及び贈与税の課税における土地等の評価額の基準となる路線価等(以下、路線価)が全国の国税局・税務署で一斉に公開されました。

こで第 64 回は、路線価の動向についてご紹介いたします。

 

教育資金の一括贈与を受けた際の贈与税の非課税制度 (VOL.62 2013年5月29日発行)

非課税の適用ができないケースや、贈与税が課税される場合の注意点等、
特に注意すべき事項についてご紹介いたします。

 

更正の請求で広大地と認められた特殊なケース (VOL.61 2013年4月23日発行)

更正の請求で、広大地と認められた特殊なケースの一つをご紹介!

一見、広大地に該当しないように見える土地であっても、周辺の土地との関係において、その地形的な特性から、新設道路を設置することが妥当であり、広大地と判定されたケースです。

 

国税不服審判所の裁決事例に対し、同様案件で更正の請求が是認された事例

(VOL.59 2013年2月28日発行)

 

平成23年4月21日の国税不服審判所の裁決事例(評価対象地につき、既に開発行為を了した共同住宅の敷地として
有効利用されていることから
広大地には当たらないとした事例)に対し、当事務所で同様の事案について更正の請求を
行った際に広大地として是認されました!

 

更正の請求により是認された広大地事例紹介 (VOL.58 2013年1月28日発行)

最寄駅から約160m(徒歩約2分)の商業地域(指定容積率400%)にあり

自宅の敷地として利用されている地積約1,000㎡の間口狭小な不整形地の事例をご紹介!

 

高圧線下地の調査上の注意点 (VOL.57 2012年12月26日発行)

高圧線下地は減額が大きい割に見落としやすいのでご注意を!

調査時のポイントを4つに絞りご説明!

 

但し書き道路と広大地の判定 (VOL.56 2012年11月29日発行)

建築基準法外の道路部分も通常の土地評価で考えると評価額の乖離は大きくなってしまうのでご注意を!

 

擁壁等の整備されていない崖地を含む土地 (VOL.55 2012年10月30日発行)

財産評価基本通達による画一的な基準では反映しきれない減価要因が存する不動産については

鑑定評価を活用することにより評価額を下げることが可能となる場合があります!

 

平成24年度都道府県地価調査 (VOL.54 2012年9月28日発行)

依然として下落したが下落率は縮小し!上昇・横ばいの地点も増加!

 

財産評価基本通達になじまないケースの検討方法 (VOL.53 2012年8月31日発行)

財産評価基本通達と異なる取り扱いをしても、財産の評価、申告をすることは可能!

純山林評価、広大地評価よりも、鑑定評価による時価申告のほうが課税当局の審査は厳しい!?

 

H24年の路線価の動向について (VOL.52 2012年7月30日発行)

標準宅地の変動率は、前年比2.8%!4 年連続の下落!

下落はしているものの、全国平均では去年より下落幅が縮小!

 

対象地の前面に路地状開発がある広大地事例 (VOL.51 2012年6月29日発行)

公共公益的施設用地(道路)の負担の要否についてご説明!

最寄駅から約450m(徒歩6分)にあり

現況は月極駐車場として利用されている地積約550㎡の土地の事例をご紹介

 

H24年の地価公示について② (VOL.50 2012年5月30日発行)

地価公示に近年見られる傾向と、広大地の判定に当たっての留意点についてご紹介!

 

H24年の地価公示について① (VOL.49 2012年4月27日発行)

好況時にマンション素地と成り得た土地でも、戸建分譲素地であると判断されるケースも!?

 

H23年12月改正、更正の請求と更正の申出について (VOL.48 2012年3月27日発行)

「更正の請求」ができる期間が改正され、相続税は法定申告期限より5年以内、

贈与税は法定申告期限より6年以内に延長されました!

 

国税不服審判所から発表された裁決事例のご紹介 (VOL.47 2012年2月28日発行)

既に開発行為を了した共同住宅の敷地として有効に利用されていることか

「広大地」には当たらないとした事例をご紹介

 

市街化調整区域内の宅地の評価 (VOL.46 2012年1月11日発行)

同じ市街化調整区域内に存する土地でも評価額は異なります!

地目に関わらず、開発行為等が可能となる場合もありますのでご注意を!

 

財産評価基本通達7のなお書きの規定の適用 (VOL.45 2011年11月24日発行)

財産評価基本通達7 のなお書きの規定を適用し

地目の異なる畑と雑種地を一体として広大地評価したケースをご紹介

 

公共公益的施設(開発道路)の設置について (VOL.44 2011年10月28日発行)

最寄駅から約800m(徒歩約10 分)にあり、

被相続人及び相続人の自宅として利用されている全体地積約1,000 ㎡の土地の事例

 

都道府県地価評価について (VOL.43 2011年9月30日発行)

1年間の平均の地価変動率は各用途・各圏域で約3%~5%の下落!

前回(約3%~5%)と下落率はほぼ横ばいに!

 

不動産鑑定評価の活用メリットについて (VOL.42 2011年8月31日発行)

固定資産の交換の特例についてご説明!

 

路線下の動向について (VOL.41 2011年7月28日発行)

平成23年分の宅地に係る全標準地(約36万地点)の標準宅地の変動率は、前年比3.0%減、3年連続の下落!

 

高度地区について (VOL.40 2011年6月29日発行)

広大地の判定において特に影響があるのは建築物の高さの「最高限度」に係る制限です!

①「斜線制限による方式」と②「絶対高さを制限する方式」についてご紹介!

 

広大地評価した土地の売却時・売却後の注意点 (VOL.39 2011年5月31日発行)

ポイントは2つ!

1.分譲マンションや店舗の敷地等の一体利用を前提する業者には売却しない

2.旗竿上での分譲プランを立てている戸建分譲業者には売却しない

 

形状の悪いマンション適地の評価について (VOL.38 2011年4月26日発行)

面積規模はマンション適地としての基準も満たす場合であっても

状が著しく悪く、建築条例等との関連において、マンションの建築ができない場合は

広大地が適用できる可能性があります!

 

標準的な宅地 (VOL.37 2011年3月29日発行)

役所で管理している近年の「開発登録簿」を閲覧し

近年の開発事例から標準的画地規模を読み取ることが大切!

 

開発許可を受けられない土地の評価について (VOL.36 2011年2月25日発行)

税務上の評価では、現実の市場では買収が困難な土地についても

合理的な買収を想定することで広大地を適用することが可能!

 

土地区画整理事業中の宅地の評価について (VOL.35 2011年1月31日発行)

仮換地指定後、対象地の一部に造成工事が行われたものの、仮換地の使用収益は開始されていない場合

仮換地指定後、対象地について使用収益・造成工事が行われておらず、かつ、従前地が更地である場合

 

ミニ開発分譲が多い地域に存する土地について (VOL.34 2010年12月28日発行)

東海地方の某県内で、最寄駅から約1,250m(徒歩16 分)にあり

敷地上には被相続人所有の2 階建賃貸アパートが建つ、地積約945 ㎡の土地の事例

 

評価単位と広大地適用面積について (VOL.33 2010年11月26日発行)

埼玉県内で最寄駅から約340m(徒歩5 分)にあり、被相続人のご自宅のほか

月極駐車場や戸建の貸家の敷地として利用されている全体地積約1,000 ㎡の土地の事例

 

市街地農地の広大地評価と生産緑地 (VOL.32 2010年10月28日発行)

宅地と同様に広大な市街地農地においても評価単位を誤ると

税額に大きな影響が出るためご注意を!

 

2010年最新!都道府県地価調査 (VOL.31 2010年9月28日発行)

税務上の広大地の適用が可能な土地であっても

今後の相続時点においては、十分にマンション業者の需要が見込まれるようなことも?

 

不動産鑑定評価による更正の請求案件 (VOL.30 2010年8月31日発行)

間口狭小・奥行長大な面積約920㎡の長方形の土地の事例をご紹介

開発道路を入れて区画割りする必要がある場合の評価方法について

 

路線価動向について (VOL.29 2010年7月29日発行)

相続税の納税対象者にとっては安心材料となるが

相続対策として生前贈与等をお考えになっている方には悩みの種に

 

幹線道路沿いの店舗の敷地 (VOL.28 2010年6月24日発行)

更正の請求をした結果、広大地として是認された事例をご紹介!

各貸主の所有する部分ごとに別の評価単位として取り扱う必要がある!?

 

広大地の正面路線について (VOL.27 2010年5月27日発行)

『分譲マンション適地』に該当せず、『戸建分譲用地』であると判断された事例をご紹介!
東京都23 区内、最寄駅から約1km(徒歩13 分)ご自宅の敷地約540 ㎡の土地での場合

 

純森林評価が使えるケースはこれだ! (VOL.26 2010年4月23日発行)

宅地への転用が見込めない市街地山林と判定するためのポイントをご紹介!

首都圏では、路線価評価額の95%以上の減額となることも!?

 

平成22年地価公示から見た沖田の視点! (VOL.25 2010年3月30日発行)

地域別では東京、名古屋、大阪の三大都市圏が大きく下落!

近年の急激な地価下落に伴い土地の価額が路線価方式による価格を下回ることも!

 

基本・原則に戻る!評価単位の確認 (VOL.24 2010年2月23日発行)

分割のやり方次第では合理的に節税を行うことも可能!

宅地について事例を見ながらご説明!

 

小規模宅地等の特例事案の紹介 (VOL.23 2010年1月12日発行)

どのように特例対象宅地等を優先的に適用すると有利になることができるのか

被相続人様が「有料老人ホーム」に入所していたケースをご説明!

 

前面道路と高低差がある広大地事例 (VOL.22 2009年11月26日発行)

平面的には旗竿状の敷地で区画割できるように見えるが実際はどうか?

単に平面的に評価対象地の間口・奥行を見て、広大地の適用の可否を判断してはいけない!

 

「ミニ開発分譲」に当たる広大地事例 (VOL.21 2009年10月28日発行)

「標準的画地規模」の判断はどうすれば良いの?

市場調査・分析力、税務署への説得力次第では広大地が認められる可能性も十分にある?

 

平成21 年の「都道府県地価調査」発表! (VOL.20 2009年9月29日発行)

住宅地・商業地を含む全用途で前回よりも下落幅が拡大?

好況時は、マンション適地であっても、相続時点においては、戸建分譲素地であると判断されるケースが続出?

 

雑種地の広大地事例! (VOL.19 2009年8月6日発行)

土地:約2,000 ㎡、うち、約720 ㎡が貸コンテナボックス置場の事例をご紹介!

一般住宅が多い中に農地や駐車場等の低利用地も見られる地域での事例をご紹介!

 

東京圏における路線価の動向! (VOL.18 2009年7月9日発行)

納税のために土地を売却しても相続税評価額を下回る価格でしか売却できない地域が出てきた?

今後は相続税の申告にあたり、物納又は時価による申告の検討が必要?

 

市街化区域内の雑種地評価 (VOL.17 2009年6月12日発行)

別々の目的に供されている「雑種地」を一体として評価してはいけない?

よくある雑種地に関する間違いは?

 

相続税取得費加算の活用 (VOL.16 2009年5月7日発行)

親族間売買(等価交換)に不動産の鑑定評価を活用できる?

相続税の取得費加算を利用することにより大きな節税効果が得られる?

 

平成21年度地価公示発表! (VOL.15 2009年3月31日発行)

地価公示から読み取れる最新の傾向をご紹介!

 

ミニ開発分譲に当たる広大地事例 (VOL.14 2009年3月16日発行)

標準画地約110㎡の地域で、約420㎡の評価対象地は広大地評価がとれる?

「広大地として是認されるためには、開発許可面積基準500㎡以上が絶対的な基準」はホント?

 

商店街に存する敷地 (VOL.13 2009年2月27日発行)

その評価対象地の標準的使用は?

最寄駅から徒歩5分圏内であっても、広大地評価が認められる?

 

4階建・賃貸マンションの敷地 (VOL.12 2009年2月5日発行)

マンション適地の定義とは?

賃貸マンションの敷地では、広大地評価は認められない?

その土地利用は標準的使用といえるかどうか?

 

広大地評価の適用事例 (VOL.11 2009年1月16日発行)

対象地の奥行が25m~30mの土地は、広大地評価が認められる?

開発道路を設ける場合と設けない場合の価値率がほぼ同じでも、広大地評価が認められない土地がある?

 

区画割した宅地の販売総額の求め方 (VOL.10 2008年10月29日発行)

戸建分譲業者はどのように土地の購入価格を決定しているのか?では、その考え方の算式は?

地積と正面路線価が同じであれば、中間画地も2方路や3方路も同じ評価額で良いのか?

 

ホントは怖い「正面路線価」の採り方  (VOL.9 2008年9月18日発行)

出入に河川通路のみが利用可能な土地の正面路線価の採り方をご紹介!

評価対象地に接面する道路が法定外道路に該当する場合、どの路線価を正面路線価とすればいい?

 

広大地に該当する場合のセットバック部分は要注意! (VOL.8 2008年8月6日発行)

広大地評価が認められる3要件とは?

セットバック部分や開発行為に伴う後退部分は、公共公益的施設用地に該当するのか?

戸建分譲地の地積の約24.8%を道路後退部分にあてても、広大地評価は認められない?

 

平成20年分の「路線価」について (VOL.7 2008年7月14日発行)

近年の地域別(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)標準宅地の平均路線価と変動率をご紹介!

 

財産評価基本通達にある「道路」の考え方とは? (VOL.6 2008年6月12日発行)

どのような道路であれば建物を建築することができるのか?

前面道路の認定幅員や建築基準法上の取扱いについてはどこで確認すれば良いのか?

 

広大地判定で重要になる容積率の考え方 (VOL.5 2008年5月12日発行)

「指定容積率」と「基準容積率」の違いは?

指定容積率200%(第一種中高層住居専用地域)、最寄駅400m、

前面道路4mの公道に接する約1,500㎡の土地の事例ご紹介!

 

平成20年の「地価公示」の結果 (VOL.4 2008年4月3日発行)

1月以降、8月以前に相続が発生した場合、どのように相続税額を試算するのか?

相続税額を試算するため、変動率を予想するにあたり、何を参考にすれば良いのか?

 

明らかにマンション適地と判断できるのか? (VOL.3 2008年12月26日発行)

分譲マンション業者と戸建分譲業者の双方が需要者と成り得る土地の扱い方をご説明!

 

平成19 年の「都道府県地価調査」の結果 (VOL.2 2008年9月28日発行)

近年の地域別地価動向についてご説明!

相続税は、一定財産による物納でも認められる?認められるとしたら、その際の留意点は?

 

広大地判例の大原則と考え方 (VOL.1 2008年7月31日発行)

相続税を下げるために、どのように公共公益的施設用地を開発すれば良いか?

どのような土地が広大地評価を獲得できるのか?

 

オフィスレポートのお申込みフォームはこちら>>>

 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.