駅至近でも広大地が認められた事例

広大地評価対象周辺図

chizu.png

当該対象不動産は最寄駅から徒歩5分圏内に位置する1,062.89㎡の土地です。駅への接近性や敷地規模で言えば分譲マンションの建設も考えられ、近年この駅周辺で建設された分譲マンションを調査したところ、2棟確認されました。

しかし、対象地は西側が第一種中高層住居専用地域(約728.89㎡)、東側が第一種低層住居専用地域(333.79㎡)であり、それぞれ指定容積率は200%と120%、基準容積率は約174%となっており、地区計画でも建築物等の高さが、西側は16m、東側は10mまでに制限されているため、これらを勘案すると5階程度の建物しか建設できないと考えられました。よって、対象不動産には投資採算が得られるほどの高度利用を図った中高層マンションを建設することは困難であると判断されたため、広大地として申告しました。

対象地の開発想定図

souteichi.png

 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.