自動車学校の敷地を広大地評価した事例

自動車学校の敷地を広大地評価した事例のご紹介です。

評価対象地は、首都圏外の最寄駅から徒歩15分程度に位置する自動車学校の敷地(約15,000㎡)である。

広大地評価 対象地および周辺地図

2011030001.png

地元不動産業者に聴取の結果、評価対象地の地積で大規模分譲マンションの建設は物理的に可能ではあるものの、人口が年々微減している当該地域では、相当の売れ残りリスクが生じることから、分譲マンション業者は触手しないとのことであった。

対象地の開発想定図

201103010002.png

実際に、周辺の分譲マンションの敷地規模は2,000㎡程度であるのに対し、約30,000㎡と評価対象地よりも大規模な敷地が区画整理により戸建分譲地となっていたことから、広大地評価が合理的であると判断した。

図が小さく見づらい場合はこちらをクリック!

 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.