市街化調整区域(34条11号)の広大地 広大地評価

市街化調整区域(34条11号)の広大地評価事例のご紹介です。

評価対象地は市街化調整区域に存するものの、当該市では都市計画法34条11号の区域が指定されており、戸建分譲を行うことが可能である。

また、近隣では大規模な農家住宅の敷地も見られるものの、戸建分譲を行う際の最低敷地面積が条例で300㎡/区画以上と定められており、実際に周辺でも同面積で区画割された事例が認められた。

よって、同面積を標準的画地規模として開発想定図を作成し、広大地評価することが合理的であると判断した。

広大地評価 対象地および周辺地図

15204.2.png

対象地の開発想定図

15204.1.png


 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.