幹線道路沿いの店舗(貸宅地)の敷地 広大地評価

幹線道路沿いの店舗(貸宅地)の敷地を広大地評価した事例をご紹介します。

評価対象地は、幹線道路沿いに存する店舗の敷地(貸宅地)である。

広大地評価 対象地

15202.1.png

広大地評価対象周辺の戸建分譲状況図

15202.2.png

近隣の店舗は、車の通行量が多い国道沿いに位置しており、評価対象地が面する幹線道路沿いの大規模地は、店舗ではなく戸建分譲地として売買されている事例が認められた。

対象地の開発想定図

15202.3.png

よって、評価対象地は、「現に宅地として有効利用されている建築物等の敷地」には該当せず広大地評価することが合理的であると判断した。

各図を拡大してご覧いただく場合はこちらのPDF(↓)をクリックしてください。

幹線道路沿いの店舗(貸宅地)の敷地.PDF


 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.