• HOME
  • 税務署とのトラブルを避けるには

税務署とのトラブルを避けるには

税務署に、『広大地に該当する』ことを説明できれば良いのです!!

広大地評価に関して、税務署とのトラブルを避けるポイントは、相続対象不動産が『広大地に該当する』ことのしっかりとした裏づけを用意することに尽きます。具体的な手法としては、以下の3つが考えられます。

① 不動産市場にある程度精通した業者に相談してください!


相続などの資産税に関しては、「相続税案件を10の税理士にお願いすると、10通りの相続税額になる」このように揶揄されることがあります。
こと相続税算出に関しては、不動産の評価が含まれ、その評価手法には絶対的指標がないことがその原因です。
言うまでもなく広大地判定は、適用するとしないとではまったく評価額が変わりますし、結果は雲泥の差です。
当然、税理士先生も高いリスクを負うことになります。
このリスクを軽減するためには、案件を進める前に不動産のプロフェッショナルに相談することが最も得策といえるのです。

② 開発想定図などの資料を添付してください!


以前とは違い、広大地判定資料の添付義務がなくなったとは言え、いまだグレーゾーンが存在するのが広大地土地評価です。
広大地に関しては、それを説明できる公的資料を詳しい不動産業者や不動産鑑定士などに依頼をして揃えることが、リスク回避の点からも得策です。

③ 税務署との立会いまでできる業者とのパートナー関係をもちましょう!


不動産が絡む相続税土地評価では、相続税発生の有無、相続税の大小に関わらず、不動産市場を把握している業者といつでも相談できる関係を作っておくべきです。
特に相続税が多額になる場合は注意が必要です。
正直に言うと、多額の相続税が発生するような地権者には、たくさんの業者が出入りしていますから、良くも悪くもたくさんの情報が入ってくるものです。
リスクをひとつでも回避するよう、税務署との立会いまでしてくれる信頼できる業者と関係を築いておくことが重要なのです。

 

▼広大地に関するご相談・お問合わせはこちらから

josei30001.png

予約お問合せは、0120-441-108まで

最新事例満載のオフィスレポートはこちら>>>

トップページへ戻る

 

会計事務所強い味方広大地実績430件超!当サイトにお任せください!

Copyright (C) 2012 沖田事務所 All Rights Reserved.